一家の主なら教育費を知っておくべき!子どもの夢を把握して教育費の準備を

お子さんがいるなら、教育費も必ずかかってくるお金ですね。全て奥さんに任せっきりで教育費がどれくらいかかっているかを把握していない方は要注意です。今からでも遅くはありません。教育費に関してちゃんと知っておきましょう。教育資金は必要な時期と金額が大体予測できる性格のお金です。ですので、今後どれくらいかかるかを把握して、それに向けて準備していくことがポイントです。まずは、平均でどれだけかかっているかを見ていきましょう。

文部科学省の「子どもの学習費調査」(平成18年度)で見ると、学校教育費、学校給食費、学校外活動費を含めた年間の学習費総額は小学校の場合、公立で33万4,134円、私立では137万3,184円。中学校は公立で47万1,752円、私立は126万9,391円となっています。

私立の小中学校は公立の3~4倍

小学校、中学校の場合、公立では、教育費は大体月に3万~4万円というところです。小学校、中学校でかかっているお金は学校外活動費の割合が大きいので、塾や習い事にどれだけ通わせるかで違ってきます。私立の場合は、公立の3倍から4倍の教育費がかかっていますので、それなりの家計の負担を考えて準備しておくべきでしょう。

高校の場合の学習費総額は、公立で52万503円、私立で104万5,234円。やはり私立は倍かかります。ただ、高校の教育費に関しては、今後、変わる可能性があります。民主党はマニフェストで、平成22年度から公立高校を実質無償化するとしています。全国平均の高校の授業料でみると年間30万円程度がかからなくなる見込み。私立高校生にも授業料を年30万~24万円程度補助するとしています。

大きいのは大学の教育費です。国立大学(昼間部)の場合、標準で、入学金が28万2,000円、年間の授業料は53万5,800円となっています(国立大学等の授業料その他の費用に関する省令)。

教育資金は計画的に貯めていく

文部省の資料によると、私立の場合は文科系の学部の場合、平均で入学金が25万8,700円、授業料が73万4,052円、施設設備費が15万5,995円で、初年度は約115万円かかっています。医科や歯科だと初年度は平均で500万円ほどかかっています。更に、家を出て下宿やアパート住まいになると、大学生の生活費の平均は年間で12万6,900円(「平成18年度学生生活調査」独立行政法人日本学生支援機構)。学費の他に月10万円ほどが必要になるということですね。

何百万円のお金を急に用意することは難しいので計画的に貯めていくことが必要というわけです。子どもがどんな道に進むかによって教育費は変わってくるわけですが、日頃から子どもの将来の夢をちゃんと知っているなら教育費のことも予定が立てられると思います。そういう役割を担うことも、一家の主人として大事ですね。

— posted by 吉金 at 02:21 pm