「保険の見直し」で得をする人、損をする人の違いとは?「地震保険」には入るべきか否か?

「保険の見直し」で得をする人、損をする人の違いとは?

「保険の転換」とは、今入っている保険を下取りに出して新しく保険に入り直すことをいう。「新商品ができたから前の保険を見直してみましょうか?」と保険会社の担当から連絡が来たら、それこそが「転換のご案内」かもしれない。

ところが、そのような保険の転換には気を付けておきたいことがある。新しく勧められる保険は新たな特約も色々と付いた保障内容になるので、ちょっと見たところではより良く見えるものだ。

ところが生命保険は基本的に加入する時点の年齢で保険料が決まってくるもの。つまり新しい保険は保険料が割高になる可能性が高いということになる。古くから契約していて保険料が割安な保険は解約や転換をしないほうが無難かもしれないのだ。

むしろ結婚や出産といったときこそ保険を見直す良いタイミングだ。子供が小さいうちに何かあった場合に備えて保険料を抑えてみたり、また、夫への死亡保障を増やすことも検討してみてもいい。そういった内容こそ保険のプロである保険会社の担当に自分の方から相談してみるべきなのだ。

親の代から長いつき合いのあるセールスレディーが引き続き自分の保険の担当になっているケースも多い。新商品が出ると営業のアポイントを取るための電話が頻繁に掛かってきたりする。時にはお中元やお歳暮が贈られてくることさえあるだろう。だからといって義理やつき合いで勧められるがままではなく保障内容などをしっかり理解したうえで契約したいものだ。

「地震保険」には入るべきか否か?

「地震大国」といわれるだけあって日本の地震保険の保険料は世界でもトップクラスだ。大地震の被害のニュースを見るたびに「万が一に備えておかなくては!」という思いに駆られる人も少なくないだろう。

(社)日本損害保険協会によると火災保険の加入率は国内の全世帯の約60%なのに対して地震保険は20%そこそこで、まだまだ一般的なものとはいえない数字なのだ。果たしてこの地震保険、入っておいた方がいいのだろうか?

意外と知られていないが、そもそも地震保険は国と民間の損害保険会社の共同運営によって成り立っている。地震による被害は甚大なため、とても民間の保険会社の保障だけで賄うことはできないからである。

しかし、仮に巨大地震が起きたとしても損害保険会社が支払う金額には限度額が決められており、国の負担金と合わせても5兆5,000億円どまりである。

仮に1世帯につき1,000万円の契約だったとしても55万世帯分にしかならない。東京の世帯数が600万を超えている現在、これは十分な数字といえるのだろうか?さらに被害状況によっては保険金が減額される可能性もあるという。

ところで、この地震保険、単独で加入することはできず、必ず火災保険とセットで契約することになっている。火災保険の申込書に「地震保険は申し込まない」旨の印を付ける欄があるのを覚えている人もいるだろう。その証拠に阪神・淡路大震災では火災による被害者が続出したほど、都市部での地震被害の最たるものは火災である。

実は地震によって起こった火災は火災保険では対象外になる。地震保険に入っていて、はじめて補償されることになるのだ。地震保険の加入に関しては、自分が住んでいる地域の「危険性」などもよく検討した上で判断したいものだ。

— posted by 吉金 at 04:13 pm